アカウント型保険は注意が必要

アカウント型保険というのは自由設計型保険とも呼ばれ、保障と貯蓄の機能性が分かれている保険です。正式な名前は利率変動型積立終身保険です。このアカウント型保険にはいくつかの特徴があります。

一般的に保険というのは種類がとても多く、仕組みがややこしいというイメージを持っている人が多く、上手く保険を選ぶことが難しいため、保険屋さんの勧めで加入することは非常に多いものです。実際、このアカウント型保険に加入している人も多いものです。

いくつかの特徴を挙げていくと、まずこの保険は主契約は積立金になっており、保険料を支払っている間の保障は特約でカバーされている内容で、保険料が満了になると積立金を終身保険に切り替えるという保険です。積立金は保険料に充当することができます。

保険というのは契約をしてから一定の時期になると保険の見直しをすることがあります。この保険の見直しをする理由は人によって様々です。結婚などによって生活スタイルが変わった場合や、自分が思っていた内容ではなかった場合など、色々と保険の見直しをする理由があります。このアカウント型保険の場合は、内容が理由で見直しをすることが多いものです。

アカウント型保険のデメリットの特徴を挙げると、主契約と特約が分かれているため内容が分りにくい点、特約が定期的に更新される点、積立額や仕組みが分りにくい点など、いろいろとデメリットがあります。特約は一定の年齢になると更新できなかったり、積立金が予想以上に少なかったことに驚いたりと、この仕組みを理解せずに契約をしている人はとても多いものです。

一言にまとめると、このアカウント型保険というのは、とても内容が複雑であり、内容や仕組みをしっかりと理解していないため、契約後に思ったような内容ではなかったということがあります。そのため、この保険に加入するのであれば、どれだけ時間がかかっても、全てにおいて内容を把握してから加入することが大切なポイントです。